たっぷりと射精できる! センズリ用《長回し》素材集 – アダルトビデオ動画 – 無料

続きをみる





















これは実用的!1カットの時間が長いから焦らずに《たっぷり》《じっくり》とセンズリできる。まんぐりでの薄マン毛クリ豆いぢり。鼻の下を伸ばして(鯉の口)でのバキュームフェラ。脈打つ尻肉、デカ尻ピストン騎乗位など。


★★★★★


内田美奈子/閲覧:回/回答:回


ベストアンサー


⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

マンガのタイトルを教えてください。


内田美奈子/閲覧:204回/回答:1回

マンガのタイトルを教えてください。30年以上も昔に読んだマンガのためうろ覚えなのですが、内容は以下のような感じです。・猫の宇宙人が地球に移住していて、地球人と共存している。・ただし、猫の宇宙人は一部の地球人に差別されている感じ。・主人公格の猫たちが何人かいて、そのうち一人は普段はぼーっとしてるけど、科学者としては天才。また別の猫は眼鏡をかけて痩せているが、ものすごい大食漢。テーブルいっぱいの料理を一瞬にして食べつくしてしまうほど。・ちょっとだけ犬の宇宙人も出てくる。・猫や犬の宇宙人の姿は現実の猫の姿ではなく、人型で顔がネコといった感じ。マンガの最後は猫たちがタイムマシンに乗って未来に行き、猫たちの希望に満ちた未来に喜ぶ…といった感じです。ご存知の方がいましたら、よろしくお願いします。


ベストアンサー


内田美奈子先生の「赤々丸」(新書館Wings comics全5巻)に間違いないですね。主人公の赤井は何故か未来に飛ばされ人格が分裂し2人になります。それぞれ奔放で暴力的な方が「赤々丸」、生真面目で正義感の強い方が「白々丸」と名乗ります。彼らは、赤井を追いかけて未来へやってきた祥子と共に猫型宇宙人の人権闘争からの解放戦争に関わっていきます。普段ボーっとしている猫は「猫田ぼーいち」で眼鏡の痩せた大食漢の猫は「めね田おたべ」です。物語の中盤くらいからCHG(中央人間政府)軍がパラドックスという犬型宇宙人の宇宙船を攻撃したことから、猫と人間は休戦して犬との戦争に入ります。卓越した画力で複雑に思えるストーリーを見事に笑わせて泣かせて考えさせるという内田美奈子先生の集大成のような作品です。新刊は手に入りにくいですが、古書であれば最初に発行されたWings comicsの方は比較的手に入り易いです。他にも文庫版とブッキング版(A5判)の物がありますが、ブッキング版は比較的新しく表紙も新しく書き直されていますが、内田先生の絵柄がかなり変わっておりますのでお好みと入手しやすさでお選び下さい。但し、ブッキング版は中身は同じですが、再販記念?の描きおろし付きです。

⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

「東京喰種:re」の表紙って、「赤々丸」の頃の内田美奈子っぽくないですか?


内田美奈子/閲覧:55回/回答:1回

「東京喰種:re」の表紙って、「赤々丸」の頃の内田美奈子っぽくないですか?


ベストアンサー


そんな気がする。最近読み始めたけど、面白いですよね。

⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ


内田美奈子/閲覧:回/回答:回


ベストアンサー


⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ


内田美奈子/閲覧:回/回答:回


ベストアンサー


⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

ソードアート・オンラインやロックマンエグゼ、コレクター・ユイのように「主人公…


内田美奈子/閲覧:165回/回答:2回

ソードアート・オンラインやロックマンエグゼ、コレクター・ユイのように「主人公や主人公達が、ネットワークの中に入って戦う」という作風を始めて日本の創作物でやったのは「電光超人グリッドマン」補足ですか?投稿ミスしてすみません。


ベストアンサー


漫画の方であれば・・・来留間慎一の「魔神伝」の第2部「電脳魔境戦記」で、ファミコン(笑)の架空ゲーム世界に入ります。コンピュータ世界だと、荻野真の「ALGO//www4.airnet.ne.jp/kujaku/catalog/algo/algo.htmあと麻宮騎亜の「サイレントメビウス」では、メインキャラの一人レビアがビジョネイルと言う電脳世界にダイブ出来る能力がありました。他にもヴァーチャル世界モノでは、内田美奈子の「BOOM TOWN」とか、電脳世界にダイブだと「攻殻機動隊」もありましたし・・・って感じで結構あります。

⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ


内田美奈子/閲覧:回/回答:回


ベストアンサー


⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ


内田美奈子/閲覧:回/回答:回


ベストアンサー


⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ


内田美奈子/閲覧:回/回答:回


ベストアンサー


⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ


内田美奈子/閲覧:回/回答:回


ベストアンサー


⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


2回連続で抜いてしまった
最近の大手AVメーカーの作品というのは色んな体位やシーンを詰め込み過ぎているもので、
気に入ったところがあってもサラッと終わってしまうことが少なくない。
「こんなシーンいらないからさっきのヤツもっと続けろよ」と思うことが頻繁にあってイライラしていた。

そういうタイプの人は是非この作品を見てみると良いだろう。
カメラアングルやシーンが洗練されており、これはイイ!と思った場面が長く続く。
音声にもかなりこだわりを入れているようで、フェラの「ブリュッ、モキュッ」というようなマッタリとシゴク音や、オナニーや騎乗位での愛液がブリュッと弾ける下品な音もしっかりと拾っている。これがまた非常にエロく、音だけでも性欲が駆り立てられる。
自分は毎晩こう言った音を聞きながら眠る癖があるため、この種の作品は本当に重宝する。
サンプルムービーを見て衝動買いをしてしまったが、久しぶりに良作だと思えた。
モザイク無ければ最高
最近のAVは似たり寄ったりでいい加減飽きて来ていたが・・
こういう作り方は非常に良い!

下手な芝居や、間抜けなインタビューなどハナから期待していないオレにはドンピだった・・
女優二人とも綺麗な丸いケツで申し分ないが、もう少し喘ぎ声、テンポの習熟が必要だな・・・

着想は申し分なしだが、
いかんせんモザイクが・・・惜しい!!

出来れば外国のサーバーからの配信を・・・
それなら「非常に良い」となり、
世界中で売れる作品だろう
騎乗位フェチには堪らない作品ですね
ドラマ仕立て等の作品が多い現在。こういうシンプルな
作品はアリだと思います。あえてインタビューも会話も
無しというのにチャレンジした制作者に敬意を表したい
ですね。

特に2人の女優さん共、体にオイルを塗った状態での
「足元からの騎乗位アングル」が有り最高でした。
テカテカの巨尻が上下する様をこれだけ長めに観れるのは
「騎乗位フェチ」には堪らないですね。他作では同じ様な
アングルでもせいぜい1分も有ればいいところ。そこを
長めに観れるのは、騎乗位フェチからすると「夢が実現
した」と言っても過言では無いでしょう。

「シンプル・イズ・ベスト」を実践した制作者に最敬礼
したいと思います。
立花みずきさん
のエロボディーにオイルの程よいテカリ、アングル、感じ方、音、最高です。立花さん一人で全編見たかったのは個人的意見です。企画自体こういゆう作品を待ってたので満足です。
これはいい!
いいですね~。確かに無駄なものが無いです。いや、正しくは、普段必要ないと感じる部分が入ってないんですね。だから、早い話が「やってるところだけ!」という作品です。(爆)
ただ、こういう割り切った作品の場合、「ユーザーの好み」というのが、逆に非常に大きく影響してしまう様な気がします。実際この作品を見た私も、チャプター1は1度見たきりですし、逆にチャプター2は、男優のデカチンに何度も絶頂する女優さんに興奮して、何度も楽しめました。
しかし…「センズリ用」という事は、やっぱり男性用という事なんですかね。確かに映像は乳・ケツ・マンコが中心でした。でもそれなら、チンポ・キンタマ中心の女性版「オナニー用」というもの面白いんじゃないですか?(爆)

アイデアは素晴らしい、ことは確か。だけど、
女優のレベルが残念ですね~

アイデアはいいですよ。実用本位。なんか普通のAVって自己満足であって、どのシーンが「実際に使われるのか」についてノーケアすぎる。本作は「実際に使われる」シーンを長くするという、極めてリーズナブルなコンセプト。
しかも、アングルのセレクトは、センスを感じる。
とくに、バック体位の巨乳立花選手を下から上のアングルでとったシーンは素晴らしいと思った。

とにかく女優の質を上げてほしい。若くてジューシーな子でお願い。初音みのり、蒼井そら、妃乃ひかり、ましろ杏、あたり。

シンプル・イズ・ベスト
作品の評価軸は人によってそれぞれで、これだ、というものはないと思うのですが、一つの要素として、「単純な映像をじっくり見せる」ということがあると思います。これが「単調な映像を延々と見せられる」ということになると大変ですが、この作品は前者です。単純な画像・映像というのは意外と難しいです。彼女のヌードやビデオを撮られる方も多いと思いますが、よく撮れてない、ということが多いのではないでしょうか。「単純」というのは、今の状態からの引き算なのです。人間の思考回路は足し算をしてしまうことが多いので、引き算がうまくできず「単純な画像」がきれいに撮れないのです。お子様ランチあるいは安物コース的な作品が氾濫する中、よかったと思います。
こういう作品があったらいいのになを形にした作品
2人の女優さんが登場しますが、どちらもむちむちな体をしていてこの作品との相性は良いと思います。
普段、AVを見ていてもう少しこのシーンが長ければいいのになという不満を解消してくれる作品で1つ1つのシーンがかなり長く続きます。
会話のシーンなどは一切無く、女性がエッチしているシーンを見たいという男性のシンプルな願望を叶えてくれます。
こういう作品があったらいいのにな、を形にしてくれた作品で今後もアロマ企画にはどんどんこういうアイデア作品を出してもらいたいです。
私のおすすめは騎乗位で後ろからお尻を映しているシーンとバックではめている時に体を下から映しているシーンです。
お尻のむちむち感とおっぱいの揺れがたまりませんでした。
主観がさらに増えれば良作シリーズになるか
長回しが必要な視聴者にとって、主観主体は必要最低限かと思う。
騎乗位等はしっかりと主観で撮れてるものもあるのに、それ以外で斜め撮りが多い。
バックやフィニッシュの正常位まで斜め撮りとは興ざめもいいところ。
画面をうねる女体がとてもいやらしいだけに、そこだけは残念だった。
企画はいいけど
一番じっくり見たい場所が大きめのモザイクで見えない。もう少し丁寧にモザイクをかけてくれれば。
1人目の女優さんは手探り状態。最初のフェラで鼻の下にチョビ髭が生えてるように見えて笑った。フェラしながらのオナニーは音が聞きたいのにクリいじりが長い。
2人目の女優さんは乳首オナニーから入ったり淫語を多用したりと工夫してる。基本エロい顔なんだけど、酷く見えるアングルがある。それで長回しされると「顔にもモザイクかけろ」と言いたくなる(笑)。乳揺れを下から撮ったシーンは良かった。
2人とも熟女系だったのが裏目に出た感じ。修正できるところは多いので今後に期待で☆3つ。