とらいあんぐるBLUE 下巻 – エロアニメ動画 – DMMアダルト

続きをみる





















あかねと京介の関係を知ってしまった麻人。しかし、それを問いただせないままだった。一方、あかねは麻人に悪いと思いつつ流されるままに関係を続けていた。そんな中、京介はあかねに「麻人とはもう別れろ」と迫る。突然のことに動揺するあかねに更に「ヤツには女がいる」と告げる。心の底では忘れてなかった麻人への想いが溢れ出すあかね。だが、あかねは、朝方に亜弓の部屋から出てくる麻人の姿を見てしまう…。


★★★★★

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


抜ける場面もないではないが・・・
※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
正直微妙。
主人公カップルがヘタレとビッチなせいで感情移入度は0、ゆえに基本的に寝取られ感が薄い。
「ダメ、ダメ」って言葉だけの否定じゃ「それなんてプレイ?」って話です。

何よりも自分が間男と寝ておいて「浮気かも?」って状況証拠一つでプッツンしちゃうのはどうかと思います。あれでヒロインへの好感度は0になりましたね。
まぁその後のフェラシーンが唯一抜けたシーンなんですけど・・・それはシチュ的なものですし。

間男退場後は・・・なんですかね、アレ?
( ゚д゚)ポカーン
という感じですよ。
誰アレ?
そして展開早すぎ。
もう感情移入値0どころかマイナスに振り切れますよ。
寝取られものとしてやりたいなら相手は間男一人に絞って、姉もせいぜいヒロインの心を揺さぶる存在にのみ徹するべきでしたね。
後半に欲張りすぎてただでさえ低い評価を落としています。
寝取られ系の真髄を自身で潰している
本番シーンが少なかった上巻に比べ、下巻は本番シーンが多く、バリエーションも豊かで背徳感そそるHはかなり良質です。しかし、
なんと言ってもオチがひじょうに悪い。寝取られ系ジャンルの真髄を作者自身が潰してしまっているので一気に評価が下がりました。
このオチさえ完璧にしていれば、寝取られアニメの歴史に残る傑作になったかもしれないのに、その辺りがすごく残念です。
ただ、前半は素晴らしい仕上がりですので、Hシーン重視な方はご満足いただけると思います。
ラストが…。
基本的に寝取られは大好物なので、間男との本番シーンが多い今作は寝取られ好きには堪らないところです。コスプレ(?)もありますし。

Hシーンと尺の長さからいっても、十分良作といえる作品ですが、問題はラスト。方々言われている通り否定的な意見が多いですが、「寝取られ」に限って言えばコレもアリかと。一番不味かったのは間男が途中退場したこと。原作ファンもアニメから入った人も、これだけは最後まで貫いてほしかったのではないでしょうか。お姉ちゃんシーン要らないので、間男との蜜月を後日談にでもしてくれればと思うと、残念でなりません。

余談ですが、中の人はヒロイン・間男ともに一般アニメでも活躍されている方々なので、探してみるのも面白いかもしれませんね。
ラストの姉が一番
他の方の意見と違い、自分はラストの姉が一番のヌキ処に感じた。声がイイ
上下巻モノの常で、前半ヒロインの作画が上巻と比べ、余り丁寧でない様に感じるし…
何百作か見てきた中で、BEST10に入る良作でした。
最悪のストーリー
よほどの方ではない限り、ストーリーを見て抜こうという気にはならないくらいのアニメです。