クリムゾンガールズ~痴漢支配~ 02 「第二章 NOZOMI屈服 ChapterI」 – エロアニメ動画 – DMMアダルト

続きをみる
















クリムゾンガールズと呼ばれる女探偵たち。裏の世界ではそこそこ名の知れた連中らしい。かなりのキレ者で、腕も立つと評判の七瀬サキ。彼女をリーダーに集う女武闘派集団であった。数々の女を屈服させてきた謎の男「神沼カオル」その彼がターゲットにしたのが、クリムゾンガールズの女たちであった。メンバーの一人、黒井みつがカオルの手に落ちた。カオルの言葉に従順なみつにかつての凜々しさは伺えなかった。そのカオルが次のターゲットに据えたのは「桜のぞみ」。彼女は友人たちと痴漢犯罪をでっち上げ、ストレス発散と小遣い稼ぎを繰り返していた。そんなのぞみにカオルら痴漢達が襲いかかる。経験したことのないその快楽に、少しずつ精神をむしばまれていくのぞみ。意識がもうろうとする中、カオルの言葉がのぞみの脳裏に響き渡る…。『恥をかかされてきた可哀想な男の代わりに、オレが天罰を与えてやるよ』


★★★★★

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


クオリティは悪くないが
エロシーンの1/3ほどは前回登場した黒羽みつ。
みつのシーンの出来は非常に良いが、それが原因かまさかの二部構成。
次回の展開に含みを持たせるためだろうが、のぞみへの責めは冗長な印象が否めず、本来サブであるはずの黒羽みつが、桜のぞみの存在を食っている状態。

もっと言うなら、キャラ選択が良くない。
そもそも「クリムゾンガールズ」に桜のぞみは登場していないのだ。
黒羽みつの次は泉アリサじゃないのかよと落胆した人も多いはず。
そこへきて二話連続で桜のぞみ。
そういう意味でも本作のマイナス要素は決して少なくない。
いわば、ドラゴンボールの映画でアラレちゃんが二回連続メインを張るようなもので、クオリティ以上に評価が分かれる作品と言えるだろう。

また、この件についてはクリムゾンが現在連載中の「感覚のつながるオナホ」の主人公が桜のぞみであるという事から、本作があからさまなキャラ押しアニメに感じられ、やはり良くない選択だったと感じる。
七瀬サキの登場が少ない・・・・・
1話のつながりなら絶対2話は七瀬サキのHシーンが出るべきだと思います

なのにいきなり桜のぞみとは・・・・
クォリティはよいのですが・・・・

期待していた七瀬サキのHシーンのHシーンがないのが残念。
安心感のあるクオリティ
クオリティに文句無し。アダルトアニメにありがちな雑な感じは全くないし、作りはちゃんとしてる印象。
エロはまあまあ。のぞみは原作再現感あるし可愛い。値段相応~ちょい満足くらい。

ただ、今度はアリサかサキが出てくるかと思いきやキャラがのぞみだったから星4つ。
次回作も楽しみ
グラフィックがとても綺麗で、おっぱいの動き・イカされる女の仕草・おしりの穴までしっかりと描かれておりリアルだった。また、喘ぎ声にもそそられた。アニメではあるが、今後もどんどん生意気な女を征服して屈服させていって欲しいと思える作品であった。
急に作画が良くなった
エロアニメで作画とアニメーションに恵まれたものを見ることは稀有ですが、
これは良いものでした。
1は作画とアニメーションがしょっぱかった(エロアニメにしては標準)ですが、2で急に良くなって驚きました。
最近よくある静止画アニメでもない順当なアニメです。
3もとてもよかったです。
今後もがんばってほしいです。
やっぱ
クリムゾは、クオリティ高いですね!
今回のターゲットの「桜のぞみ」こんな可愛いJK居たら最高です。
でも、こいつは最悪なので成敗されてもしょうがない