ヘルタースケルター 白濁の村 笑う傀儡 編 – エロアニメ動画 – DMMアダルト

続きをみる





















<STORY>美人セレブ一家の四人が訪れたのは秘境の温泉宿。ファッションデザイナーの母「小夜子」。元モデルでもあるファッションデザイナーの長女「吹雪」。ミスキャンパスで芸能界入りを切望される次女「美雨」。そしてグラビアアイドルの三女「春風」。お互いに多忙な四人は、とあるテレビ局のディレクター春日部に頼まれ、寂れてしまった山村の村おこしに協力してほしいという依頼を受けて山村を訪れたのだった。山村で有名な美人一家に村おこしの協力をして、一緒に盛り上げていくという企画。ドキュメンタリー形式で撮影が行われることとなっていた。亡くなった美雨達の父である貴之からの付き合いで、春日部が頼ってきたらしい。春日部に案内され、たどり着いたのは古ぼけた旅館。中に入ると村長ともう一人、着ぐるみを着た人物(のようなもの?)が出迎える。その「はくだくさん」に不気味さを感じつつ、打ち合わせは無事終了。さっそくロケテストとして、村をまわることに。村をまわっている間に、ちょうどこの山村に伝わる祭り「シシ追い祭り」について聞かされる。始まりは、昔、この村が飢饉により食がなくなったことにより、人間をイノシシに見立てて追い掛け回してそれを食するという行事が始まりだった。小夜子は村をまわっていると見えないどこからか自分達を舐めるような視線を感じていた。撮影中、美雨だけが別の場所へ。神社の境内で着ぐるみと対面。ミスキャンパスということで、業界から注目されているため、別でピックアップしたい着ぐるみと戯れることを要求される。戸惑いながらもOKすると、カメラが回り、怪しく着ぐるみが迫る。美雨の体を舐めまわすように這いずる手。更には村人達がぞくぞくと入ってきて夕方まで犯される。正常位のまま、手コキを無理やり指導され、終わればすぐひっくり返され、物扱い。体中に男性器を擦り付けられては射精をされる。逃げようとしても、着ぐるみに拘束されその上でどんどん男性器が迫ってくる。逃げられない射精に意識が朦朧としてくる美雨。旅館に戻った三人はまだ戻らない美雨を心配する。春日部に制止されるが、夜になり、吹雪が旅館から抜け出して美雨を探す。神社にたどり着くと、美雨が犯されていた。助けようと駆け寄ると、着ぐるみが登場。春日部が怪しく登場し、ネタをばらしていく。村おこしのプロモーションとして美女の霰も無いシーンを撮影する事が目的だと……。


★★★★★

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


過剰な期待をしてしまった。
前作に続き大きな期待を持って見ましたが、期待はずれな気持ちです。
前作よりもスムーズにストーリーが進んだ展開ですが終盤になり、女の子が順応してしまったのが物足りなさがあります。前作のときには、馬プレイに気の強そうな次女の組み合わせでしたが今回は違うようです。この気の強そうな次女もストーリー終盤になると順応するとともに幼く見えてしまい、気の強い印象が無くなったのがガッカリです。今回のストーリーの次回作に期待したいものです。また、全体的にぶっかけが多くありましたが、少し気持ち悪いぐらいに引いてしまうほどの多さです。
明らかに劣化
前作とは比較にならないほど絵が劣化してます。
がっかりでならない
求めていたものとの違い
この作品の魅力は女性キャラが身を穢されながらも、気丈に耐え続ける表情にあると思っていたのですが、その点では今作では期待はずれでした。
最終的に快楽に堕ちるにしても、もう少し段階を踏んで精神的、肉体的に追い詰めていく描写がほしかったです。
見るなら以前のものをオススメします。