ユーザーが選んだ巨乳美女 BEST30! – アダルトビデオ動画 – 無料

続きをみる





















ユーザーが選んだBEST30!第3弾登場!好評のロングセラーシリーズの巨乳編!人気のおっぱいがイッパイ入ってるベスト30をまとめてお見せ致します!魅力的なぷにょぷにょデカパイ美女のパイズリモミモミやパンパンして激しく揺れる乳をご覧下さい!金髪美人からブルネット美人までお好みのタイプの巨乳女優を揃えました。おっぱい星人必須の愛蔵版です!


★★★★★

【ネタバレ】「バーン・アフター・リーディング」で質問です。


ケイティ コックス/閲覧:674回/回答:1回

【ネタバレ】「バーン・アフター・リーディング」で質問です。ジムで落としたCDの件だけが分からないのですが…①オズボーンが大学の同窓会中に、妻がPCの情報をCDに焼こうとしているシーン②妻ケイティが離婚弁護士事務所にて。弁護士が秘書に「コックスの経理ファイル持ってきて」秘書、ジム名入りのカバンを探り「見つからないのでHDからコピーします」ということは、ジムで落としたのは秘書ですか?ケイティのCDが何故秘書のカバンに??そもそも、ケイティは何故CDに焼いたのでしょうか???こっから勘違いが始まってますよね?何故と?ばかりの質問で申し訳ございませんが、このCDの件がお分かりになる方、教えてください。他は全部理解できて、コーエン面白~いと思いました。よろしくお願いします。


ベストアンサー


見たのがだいぶ前なので、お力になれるか分かりませんが、確かケイティはオズボーンと離婚したいが為に、自分が有利に別れられる情報を集めていたんだと思います。なので、あらゆる情報を入手しようと、オズボーンのデータをCDに焼いたんでしょう。それが弁護士事務所に渡り、秘書がジムで落としてしまったのを、リンダが見付け、チャドと大騒ぎして勘違いがどんどん大きくなったはず…です。

⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

すみません。以前の回答が素晴らしかったので・・・。


ケイティ コックス/閲覧:285回/回答:1回

すみません。以前の回答が素晴らしかったので・・・。マライアの新曲について1.Triumphantってどんな発音ですか?トリウムファントですか?2.アーバン・アップテンポってどんな曲調なんでしょうか。「アイル・ビ―・ラビング・ユー~」な感じなのか、「イッツ・ライク・ザット」、「オブゼスト」????どんな感じのことをアーバンと評するのでしょうか。まさか、リアーナ・ケイティ・ガガ的なサウンドは苦手ですので。それにちょっと以前より下火になってますね。今回もリアーナもケイティもちょっと人気が落ちてきてます。3.ランディーさんの曲ってどんな感じのが多いのでしょうか。アデルとかみたいな感じにはなりそうもないんですが、どう思われますか。それとも90年代の終わりのマライアがサンプリングを広めたように革新的なことが起こるのでしょうか。わかる範囲・予想でも良いです。教えてください。ただ、新曲でテンションがめちゃめちゃあがって興奮してます。wお忙しいのに申し訳ないです。


ベストアンサー


リクエストありがとうございます同じマライアファンとして情報を共有できて嬉しいです^^1.Triumphantは日本語に直すと「トライアンファント」になります。英語のままの発音だと「トライアンフェン」に近いです。勝利、成功を意味します。2.アーバン・アップテンポですが、アーバンはR&Bと同じような意味を持つので、R&B調のアップテンポという事になります。アップテンポがどれ程のリズムや明るさを強調しているかは分かりませんが、マライアの曲で例えると「It’s Like That」がまさにアーバン・アップテンポですね。「Shake It Off」も近いです。「Shake It Off」はミドル・テンポですが。ちなみに「Migrate」はアーバン・ダウンテンポです。今現在の音楽シーンでいうなら「Obsessed」もアーバン・アップテンポに入るかと思います。「I’ll Be Lovin’ U Long Time」はポップな要素ががあるのでちょっと違うかなぁと。アーバン・アップテンポという事はマライアはやはりR&Bの姿勢を崩していないという事になり、R&Bで勝負したいという意志を感じました。この曲のプロデュースはマライア本人とJD、ブライアン・マイケル・コックスなので、同じメンバーが手掛けた「Shake It Off」をもう一歩進めた感じ、またはアゲたような感じになるのかもしれないですね。1stシングルなのでインパクトのある曲を持ってくると思うので、とても楽しみです。3.Randyは基本的にバラード面でのプロデュース参加が多いです。元々ミュージシャンなので、プロデュース以外ではベースを担当する事が多く、ベースで参加する場合はアップテンポの曲に参加したりもしていますよ^^今回は7曲手掛けたと書かれていましたね。その中の何曲が収録されるのか分かりませんが、バラード系は彼がメインで手掛けたのかもしれません。—————–アデルや今ヒットしているアーティストのサウンドは余り意識せず、マライア流R&Bで勝負する気なのだと思いました。フィーチャリングのRick RossとMeek Millという人選もマライアらしいと思います。Rick Rossは人気なので分かりますが、Meek Millはこれから有名になるかも?というようなラッパーで、マライアの嗅覚の鋭さを感じました。あと、タイトルから判断して「勝ち組」の高らかな勝利宣言のような歌詞が聴けるかもしれないですよ。笑どういった意味でのトライアンファントなのかは分かりませんが、20年以上も第一線で活躍しているので、まさにマライアにピッタリのタイトルですね^^物凄く革新的な事をする事はないと思いますが、今のシーンはR&B的なサウンドで勝負する人が少なくなったので、R&B的な新鮮なサウンドと、マライアならではのフェイク等を多用した曲が聞けると思います。受け入れられるかどうか楽しみでもあり不安でもありますが、そこはマライアのシーンを見極める力に注目したいですね^^これからプロデューサーやフィーチャリングの情報が出てくると思うので、情報が出てくればアルバムの全容がわかると思います。新曲のタイトルとプロデューサー、フィーチャリングだけのリークなのに私も興奮しています。笑8月のいつ公開されるのか楽しみですね!またまた長くなってすみません!-追伸-余談ですがリクエストなどで話す場合「雑談」のカテを選んだ方が良いですよ^^専用カテゴリーだとカテ違いだとつついてくる人が多いので^^;

⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

バーン・アフター・リーディングを観たんですが、オチがよくわかりません。


ケイティ コックス/閲覧:1070回/回答:2回

バーン・アフター・リーディングを観たんですが、オチがよくわかりません。最終的には何が言いたかったのかわかる方、説明お願いします><


ベストアンサー


以下、ネタバレありますので閲覧者ご注意。………….まず、オチの方から説明しますね。CIAの幹部(?)二人の会話から、今回の事件の関係者で、死んでもおらず身柄を拘束されてもおらず、無事でいるのは、「リンダ・リツキ(全身整形したがってた女)のみ」ということが明らかになりますよね。(オズボーン・コックスは脳死状態、ハリーはベネズエラへ逃げようとしていたところを拘束された。)で、その「唯一無事なリツキさん」は、「整形手術の費用を出してくれたら、口をつぐむ」(口止めに応じる)と言っている・・・。そこで、CIAの責任者が「んなもん、出してやれ」(それで口止めしろ)と。そうなりますと、今回の、あのくだらねえドタバタの中で、一番トクをしたのは誰ですか?・・・言うまでもありませんね、結果として、整形費用をゲットすることに成功したリンダさんです。でも、よくよく考えてみますと、「そのリンダが、一番引っかき回してたんでないの?」と思いませんか。アイツのせいで、チャドは死ぬ羽目になったし、ジムの支配人もヤバい目に遭った。おまけに、勝手にカン違いしたとは言え、ハリーがベネズエラに逃げた原因も、「リンダ」なわけです。そういう「一番引っかき回した奴(混乱の市場名の元凶)」が、結果的に、一番トクをした。この皮肉!このシニカルなジョークが「オチ」だったわけです。「何が言いたかったか?」ということについても、ひとつはこれが該当します。もうひとつは、もうちょっと「事件全体」の話で、勝手にカン違いして、勝手にドツボにハマっていく、そんな人々の愚かさ・滑稽さこれが主題であったろうと思います。逐一検証してみましょう。まずオズボーン。自分の酒癖でクビになったところから始まって、自宅に侵入したジムの支配人を妻の浮気相手と「カン違いして」、彼を攻撃してたところを、止めに入った捜査員に撃たれて脳死状態。続いてチャド。実は重要なものでもなかったディスクを機密情報と「カン違い」。強請りをするも見事に失敗、ドツボにハマる。リンダにそそのかされてオスボーン宅に侵入するも、ここでハリーに撃たれて、はい終わり。そのハリーにしたって、たまたま出くわして射殺しちゃった相手(チャド)が、身元が分かるようなものを身に付けていなかったから・・・という理由で、「スパイを殺しちゃった!」と、これまた「カン違い」。ひいては、ただの出会い系サイトマニアに過ぎないリンダをもスパイと「カン違い」。勝手に逃げ出して、ドツボにハマってサヨウナラ。オズボーンの妻・ケイティは被害が少なかったですが、でも、この人がカン違いして、ヘンな情報を持ち出さなければ、こんな騒ぎも起きなかったわけで、だから彼女も「カン違い」。リンダだって、ディスクの重要性を「カン違い」し、しかも、チャドが帰ってこないのを「監禁されてる」と「カン違い」、ジムの支配人を焚きつけるなど、どんどん泥沼。(でも、コイツが結局トクをした。)よ~く考えてみればですね、どっかのタイミングで、誰か一人でも理性的な判断・行動をしていれば、こんなことにはならなかったはずなのです。でも、「こんな結果になっちゃった」。みんな揃いも揃って、「バカばっか」。そのバカどもが、揃って馬鹿げたことを繰り返し、揃って悪い結果を招いてる。なんて愚かなんでしょうこの人たち・・・というブラックな笑いが、この作品の軸であると。そう解釈致しました。あくまで私見に過ぎませんが、いかがでしょうか(*^_^*)

⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


色々なタイプの巨乳女優がいっぱい
巨乳のベスト30ですね、期待どおりのチョイスでした。シリの柔らかそうな天然巨乳やケイティコックスのゴムまりの様にプリンとした巨乳でのパイズリなど若手から熟女まで巨乳タイプ別に楽しめました。半数以上が金髪なのも良いと思います。久しぶりに見たブリーオルソンも可愛くて素敵でした。