大人の身体に成長してた姪っ子にフル勃起が避けられない叔父とその息子 さとう愛理 – アダルトビデオ動画 – 無料

続きをみる





















息子を連れて帰省した叔父はその夜、姪っ子と一緒に入った風呂でその成長ぶりに驚く。大きく膨らんだ胸や股間に生えた陰毛…その身体を見て以来、叔父は姪っ子に対して性的興奮を覚えてしまい、ついには夜這いして襲ってしまう。その後、息子も姪っ子にイタズラを始め、父子2人で姪っ子を弄び始める事になるが…。


★★★★★


さとう愛理/閲覧:回/回答:回


ベストアンサー


⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ


さとう愛理/閲覧:回/回答:回


ベストアンサー


⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ


さとう愛理/閲覧:回/回答:回


ベストアンサー


⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ


さとう愛理/閲覧:回/回答:回


ベストアンサー


⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ


さとう愛理/閲覧:回/回答:回


ベストアンサー


⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ


さとう愛理/閲覧:回/回答:回


ベストアンサー


⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ


さとう愛理/閲覧:回/回答:回


ベストアンサー


⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ


さとう愛理/閲覧:回/回答:回


ベストアンサー


⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ


さとう愛理/閲覧:回/回答:回


ベストアンサー


⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ


さとう愛理/閲覧:回/回答:回


ベストアンサー


⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


傑作シリーズ誕生の予感
一見これまでの同社での似たような作品に見えるかもしれないが、本作は新たな切り込み
方に変えてきている。絶妙で大変面白かった。良い点を述べる。①美肌+美巨乳の最高峰
であるさとう愛理さんの選択が良い。勢いが必要な1作目にぴったり。②エロオヤジが意図を
もっているが知らんふりして巨乳姪をイタズラする背徳感が良い。この設定は新鮮。
③マセガキを巻き込んでのエロ親子3Pが良い。④その後を予感させる最後の演出が良い。
要望があるとすれば。①マセガキの覗きシーンはもっと欲しかった。②お風呂の洗いシーンは
もっとねちっこくても良かった。③エロオヤジさをもっと出すための淫語(セックス)などの
下品な淫語が欲しかった。④最初のSEXは姪の両親の近くでの背徳感が欲しかった。
最後のシーン(日常行為)はもう20分ほど本格的な絡みで見たかった。
すでに2作目が決まっていますが、大シリーズになる事を期待しています。
責めに、もっといやらしさが欲しい
※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
1-2. オープニング。食事とお風呂。

3. 叔父とSEX。
パジャマ越しにおっぱいなで回しまくり。直でおっぱい鷲掴みし、もみしだき最高やらしい! 乳首コリコリ。乳首舐め・吸い。
するするパジャマ脱がし、パンティ越しにマン筋擦りまくり。脱がし、指マン。クンニ。
69。正面でハメ、騎乗位挿入。腰使いまくり。
抜き差し見え見えで横ハメ。正面でハメ、腹射。お掃除。

4. 叔父にフェラ。
後ろからおっぱいなで回し。胸元に手入れ、もみしだき最高やらしい!
手コキ。フェラ。乳首コリコリ。おっぱいプッシュ。フェラ。胸射。お掃除無し残念。

5. 叔父の息子にフェラ。
責めが弱くて残念だが、最後、口内に発射され、精子まみれの様子がエロい。

6. 叔父親子と3P。
舌出させ、舌吸いまくるベロチュー最高やらしい!
ブラ越しにおっぱいなで回し。乳首コリコリ弾きまくり最高やらしい! パンティ越しにマン筋擦りまくり。
まんぐり返しで舐め回し。脱がせ、まんこいじり、クンニ。お尻突き出し、クンニ。指マン。
パンツの中に手入れ、チンポいじりまくり、フェラ。2本チンポフェラ。バック・フェラ。同時。正面でハメ、中出し。
2人目、騎乗位。正面でハメ、中出し。

総じて、特に、息子の責めが弱いため、物足りなさがある。叔父の責めは、まだ頑張っているが、エロ親父というか(笑)もっといやらしさが欲しい。☆4つ!
ムッチムチです
この作品のさとう愛里ちゃんは可愛いですね。
衣装もムチムチのはちきれんばかりでエロさが際立っています。
そりゃこんな親戚の子が来たらこんな妄想するだろうなって
シュチュエーションを実際に行動してくれます。
嫌がりながらも応じてくれる愛里ちゃんに大興奮。
さとう愛理ちゃんの無駄遣い
タイトル通りのシチュエーションが楽しめるかどうかというのはわかりますが、シンプルにさとう愛理ちゃんの無駄使いです。他の作品を見れば彼女の良さが全然出ていないのがわかると思います。ただ童顔でかわいくおっぱいの大きな女の子位の扱いです。別に彼女じゃなくていいんじゃないのというのが率直な感想です。