女教師 三時限目 化学科「ケダモノたちの実験器具」 – エロアニメ動画 – DMMアダルト

続きをみる





















復讐を企てる伊達祐一郎は、女教師2人を性のしもべとすることに成功。更なる獲物に化学教師「藤堂炎之華」にターゲットを定めたが、国語教師「結城歌穂」の策略により失敗。彼は歌穂に復讐しようとするが、待ち受けていたのはこの学園の秘密と、歌穂の淫靡なる罠だった…怒濤のクライマックスへ!!歌穂と祐一郎…狩られるのはどっちだ!!


★★★★★

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


こんな終り方はダメ
メインヒロインと言っていいのか、表紙の女教師と満足のいくエッチシーンではなかったのが残念。ラストも「えっ?」っていうような終り方で満足できませんでした。
非常に残念です
1話・2話はなかなか面白かったのですが、最終話にしては・・・内容薄いです。というか、男の子は一体どうなったのか。とか説明ないの?
よくわからない
※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
アダルトゲームのアニメ化なのでアニメ単体で見ると終わり方が変。最後に女教師が笑うが、見てるこっちがあまりのおかしな終わり方に笑ってしまった。原作をプレイしたことはもちろんない。しかし、アトリエかぐやのゲーム紹介を見ると、主人公が男の時と女の時の二つ用意されているようだ。そこで一つ謎が解ける。女視点が主人公の場合、大抵男の方がバッドエンドになるのがアダルトゲームの手法だからだ。
この3話目の終わり方は女を主人公として扱った為と思われるが、原作ではどうなのか不明。

動画の方は同じ教師を使うのは萎えてしまったが、他の教師をしっかり入れてくるのでバリエーションがあり、シーン自体は見応え十分。胸の形が上手い。
難を感じたのが、今登場している教師が誰なのか、外見では見分けが付かなくなってしまう所。暗がりでのプレイは髪の色で判別ができなくなるし、メガネキャラが二人いて被っていたり、各キャラのスタイルが似すぎている。また、個人的に表紙の女教師の髪型が好きになれない。コイツへの憎さも相乗しているのか、鬱陶しい。

このソフトハウスの原作を使うアニメが好きな私は、共通点としてキャラの絵が似ているように思う。男の主人公は、人形の館に出て来る主人公にそっくりだった・・。