極エロ生尺顔2 – アダルトビデオ動画 – 無料

続きをみる





















【注意】フェラ専門ムービーですので女性の裸は出てきません。女性の裸やSEXを見たい方はご遠慮下さい。とにかくエロいしゃぶり顔、だけで満足できる方以外はお薦めできません。


★★★★★


阿利希キリア(阿利希カレラ)/閲覧:回/回答:回


ベストアンサー


⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ


阿利希キリア(阿利希カレラ)/閲覧:回/回答:回


ベストアンサー


⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ


阿利希キリア(阿利希カレラ)/閲覧:回/回答:回


ベストアンサー


⇒Yahoo知恵袋 掲載ページ

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


さらにこだわりを見せた2作目
前作も十分良かったのですが、惜しかった点をクリアしたさらなる良作となっています。
前作の、発射がわかりにくかった点や、射精した瞬間に口を話してしまう点、射精後があっさり終わってしまう点などのもどかしかった部分が改善されており、2人の女優の唇と舌に挟まれて次々とイかされるという理想のWフェラです。

ただ、女優のエロさは前作のほうが強かったかな?これはモデルに左右される部分なのですが、さらにもっと休まずに責めて欲しい。
でも長回しへのこだわりも含め、視聴していて十分満足できる内容でした。拍手!
次回作にも期待してます。
ド派手なケバ女
ド派手なケバ女を起用し,黒バックなどで,フェラ顔を強調して見せるAVです。
阿利希キリアと葵まりあのフェラが収録されていますが,二人ともエロすぎです。
葵まりあは,可愛いが入ったお顔だけど,阿利希キリアは,完璧なエロ顔。
ディルドを使ったフェラ,チ○ポ相手のフェラがありますが,
一人ずつのシーンと二人がかりのシーンがあり。
欲を言えば,もっと貪るようなフェラ,高速シゴキのフェラなど,パワーを感じさせるフェラや
顔射されてザーメンまみれの顔で,さらにフェラを続けるシーンも見たかった。
でも,ケバいメイクだけど,やはり,葵まりあは可愛い。
形がいい鼻&鼻の穴まで美しく,興奮してしまった。

余計な事はせずに…
aromaは本当に口紅が好きですねぇ。
不自然すぎて気になってしまって抜けないんですよ。
まぁ口紅だけの話じゃないけど、もうちょっと「普通」にやれないかなぁ。

前より良くなってます。
前作はその淡泊さにやや退屈してしまいましたが、今回はフェラが相対的にハードで、フィニッシュ時の高揚感もそれなりにあったので満足です。
タマ舐めや、お掃除がもっとあれば更に良かったですね。長くて回数も多いディルドを使用した模擬フェラのフェーズは全て早送りしました。
唇で圧迫するという
素晴らしい発想です。余計なものが映ってないので、かなり感情移入出来ました。チンポが気持ち良さそうになってるのが一番見ていて興奮しますね。口紅もより唇のエロさを際立たせています。久しぶりに気持ちよくぶっコキました。
男優さんがうらやましい!
2人の真っ赤な口紅のオクチから出ている長い舌が
おチンチンにからみついてとってもエッチ。
1作目に続いて購入してしまいました。
惜しい・・・・。
※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
せっかく阿利希さんがカウパーを啜ろうとしているところ
を葵さんが手で巻き取ってしまっていた・・・・。
フェラ物なのに・・・・・・。
とにかく阿利希キリアさんがいやらしかったので、この
評価です。
フェラチオが止まンないっ!
阿利希キリア×葵まりあタッグによるじっくりすぎるフェラチオ。
ルージュからセクシービームを放ってますね。
余計な演出もなくシンプルにみせているのがエロイイ。

注目したのは3本目のガマン汁を垂らす敏感チンポ。
射精後もさらに舐めまわして2度出しさせるのが良かった。

ベロフェチ視点でも良品
フェラものとしてはディルドは疎まれるようですが、ベロフェチ的鑑賞だとディルドの方が良かったりもします。個人的には、男がこちらを向いてる(モノもこっちに向かう)アングルは嫌いで即早送りです。女優さん、二人ともいいですね。
6000円の定価で売るならもっと工夫してほしい
この二人とも好きな女優です。特にキリアさんは口元や表情がエロいのでこのような内容にもってこいの方です。アロマさん独特のこだわりのようですが、なぜ着衣なのか?生尺の表情だけで見ている人をいかせようとしていることは理解できるのですが、これが僕にはさっぱりだめでした。裸も見れて、生尺するエロい表情も見れたらその方が絶対にいいです。それからディルドはあかんでしょ?確かに生尺ですが、感情移入ができませんでした。頑張っているね。ごくろうさんという感じ?以前のレビューでも書いたようにフェラもののDVDは色のついた薄いスキンを使ってボカシなしで作って下さい。女性の口元がぼやけるからです。そうなると生尺ではなくなります。ですからこの作品をもっと良くするための工夫タイトルは「生尺そっくりの極エロフェラ 肌色の極薄スキンをつけた男にしゃぶりつくエロ女たちのエロ顔」となります。アロマさん、いかがでしょうか?