黒獣~気高き聖女は白濁に染まる~ カグヤ × ルー・ルー × マイア 柔肌に蠢く蟲、猛り狂う野獣達の夜 編 – エロアニメ動画 – DMMアダルト

続きをみる





















女王オリガの国を侵略したヴォルト率いる黒犬傭兵団は、『奉仕国家』の設立を宣言する。それは、国家に属するすべての女が男に性的奉仕をするという、正気を疑う内容だった。次々とヴォルトの毒牙にかかる、クロエ、オリガ、アリシア、プリム……六の砦でキッと北を睨むクラウディア。白の城・バルコニーで不安な表情を見せるセレスティン。その侵略は、もはや止めることはできないところまで迫っていた……。


★★★★★

▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽


ちょっと設定がムチャだったかな f^_^;
※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
黒獣シリーズ3作目。
内容は女傭兵マイヤ、ロリボク属性のルー、巫女装束のカグヤが犯されます。3人犯されるのは初めて。
まず女傭兵マイヤ。元々傭兵団の隊長、ボルトを好きでしたが、傭兵団に輪姦され、ボルトにも公開レイプされ中で出されてしまいます。最終的に肉便器宣言をさせられますが、私はそこが一番興奮しました。
次にロリボク属性のルー。小柄な体にオークの巨大なイチモツを突っ込まれます。一発で堕ちてしまいますので、正直ここは盛り上がりに欠けました。
最後に巫女装束のカグヤ。ちょっとここは設定がムチャ。和装の割にへんな宗教信者で、神に捧げたお尻でどうのこうの言い始めますが、微妙。作者としてはきっと宗教で禁じられている快楽に屈する背徳感を描きたかったんだと思うが、失敗していると思う。最後は快楽堕ちして出産まで行きますが、尺の都合で慌ただしく、性急な印象を受けた。
いろいろ書きましたが、相変わらずハードなので、前2作が好きな人は興奮できると思います。^_^